News     Gallery     Profile     Blog     Contact  
「平安京」

長岡京から平安京へ

 「784年、桓武天皇は都を平城京から、水陸交通の要衝である山背国(のちの山城国)の長岡京に遷した。
しかし翌年、長岡京の造営責任者藤原種継の暗殺事件に関して、皇太子の早良親王が捕らえられ死亡すると、桓武天皇はその怨霊に苦しみ、和気清麻呂の進言を入れて、794年さらに現在の京都の地、平安京へ遷都した。(東京書籍日本史Bより)」

 平安京が置かれて京都が成立し、以来日本の古都として1200年以上の歴史を刻んできました。
1867年の大政奉還まで京都は日本史の政治的な事件の舞台として展開してゆきます。
長岡京の荒御魂を回避する信仰体系は、京都にも受け継がれ、古都の歴史を通じて暴虐、謀反、流刑が繰り返されました。
日本の学生は競争が激しい受験に備えて、京都の歴史の覚えるべきポイントを丸暗記します。

京都の歴史的事件

 「平安京」シリーズは、平安・鎌倉・室町・安土桃山・江戸のそれぞれの時代から主要な政治的事件を取り上げています。
平氏打倒の謀議の場「俊寛僧都忠誠之碑」(平安時代)、天皇復権を目指す後鳥羽上皇が起こした乱の後、京都に天皇監視の目的で設けられた「六波羅探題」(鎌倉時代)、応仁の乱の引き金となる畠山氏同士の私闘が行われた「御霊神社」(室町時代)、織田信長が自害した「本能寺」と(安土桃山時代)、そして坂本龍馬が襲撃された「寺田屋」(江戸時代)です。

画家の視点

 古代より人々は、怨念や怨霊といった目には見えないがはっきりと感じ取れる霊的存在を信じてきました。
今の時代でもこの見えざる存在を感じ取れるのではないかと考え、彷徨う霊や潜在意識の象徴として、赤いPORSCHEを描きました。
洛中に点在する血塗られた歴史を伝える場所を、赤いPORSCHE(血や情念を表しています)で巡ります。
絵の中のPORSCHEの大きさで情念を図っています。
つまり大きく描かれている車は情念も大きいということです。
     
「俊寛僧都忠誠之碑」 謀議の場が持たれた山荘はこの付近ですが特定はされていません。
「六波羅探題」    洛東中学校内にありますが実際にはこれより南東に位置していたようです。
「御霊神社」     畠山政長と畠山義就との私闘がここの森で行われ、そのため応仁の乱の発祥の地と
           考えられています。
「本能寺」      信長が自害した本能寺は現在の場所より西南の蛸薬師油小路下ルにありました。
「寺田屋」      事件による「弾痕」や「刀傷」も残っているとされていますが、鳥羽・伏見の戦いで焼失しており、当時のものではあり得ないという説もあります。




HEIAN-KYŌ

From Nagaoka to Heian-kyō

“In 784, Emperor Kanmu (r. 781-806) relocated the national capital from Heijō-kyō (ancient Nara) to Nagaoka-kyō in Yamashiro Province, where land and water transportation were convenient. In the following year, however, Fujiwara no Tanetsugu who was put in charge of the construction of the new capital, was assassinated and Imperial Prince Sawara was arrested as mastermind of the assassination and later died in exile. Kanmu was haunted by the vengeful ghost of Sawara since then, and decided to abandon Nagaoka-kyō by the advice of Wake no Kiyomaro and moved the capital to Heian-kyō (current Kyoto) in 794.” (Tokyo Shoseki Japanese History B)

In this way Kyoto was established as the former capital of Japan, spanning over 1,200 years of history, and the ancient capital served as the center of pivotal political events until 1867, when the Edo period ended with the restoration of political authority to the emperor (Taisei Hōkan). The belief system that had evaded the wrathful spirits in Nagaoka was transported to Kyoto, and there were many similar incidents of violence, court intrigue and exile throughout the history of the capital. Japanese students routinely memorize key historical figures, dates and events associated with Kyoto from textbooks to prepare them for competitive exams.


Incidents in Kyoto’s History

The HEIAN-KYŌ series of paintings feature key political events which took place in different eras, such as the following: a conspiracy to topple the Taira clan (Heian Period, 794-1185); after the retired Emperor Gotoba’s unsuccessful military campaign against the Shogunate, an administrative and judicial agency was set up in Kyoto by the Kamakura Shogunate to monitor the Imperial Court (Kamakura Period, 1185-1333); an internal strife which led to the Ōnin War (Muromachi Period, 1336-1573); a coup attempt against the powerful warrior Oda Nobunaga (Azuchi-Momoyama Period, 1573-1603); and a sword fight at the Teradaya Inn (Edo Period, 1603-1868).


Artist’s Point of View

Following the ancient people’s logic that the vengeful spirits were considered alive and palpable entities despite them being invisible, their appearance in the modern world should also presumably be regarded as invisible yet palpable. I have used a red Porsche to represent this bubbling of the unseen or subconscious. The pilgrimage to visit these places with a dark history in the city is represented by the red Porsche, whose color evokes blood and a deep-seated resentment. The size of the red Porsche in each painting shows the intensity of the grudging pathos. Each painting comes with a photo showing the textbook page depicting a highlighted historical incident.

                                     Translation by Eiko Aoki