News     Gallery     Profile     Blog     Contact  
Img_4c26c499c2b793dd61f4502932ef32a7
台風は大げさめに報道される。
しかも大阪は瀬戸内海でもあるし山にも囲まれているので大きな被害が出ない。
なので安心しきっていたところへ今回は甚大な被害が出た。
信号機はつかないわ、停電はもちろん、いろんなものが壊されている。
風自体もかなり強くて窓から歩いている人を見ていたらかなり危険な状態であった。
今年は地震もあったし警察署からの逃亡もあったし。
そう、この逃亡者にとっては遠くへ逃げるのにどう影響が出たであろうか。
尼崎もかなり被害が出ている中、どう彼が動いているか気になる。
案外、台風の影響で怪我をしているかもしれない。
富田林の警察署から逃走を続けている。
彼に似た人を目撃し、警察が追走して一人の方が亡くなっている。
誤認であったようだ。
関西にいるとこの件はかなり不安である。

その彼が尼崎は立花に出没したようだ(確証はない)。
しかし多分彼だろうと認識している。
尼崎とはそう言う人が集う街なのだ。
警察署から逃げ出した時、まず潜伏を疑われたのは大阪の釜ヶ崎。
名称も尼崎によく似ていてたまに間違われる。
全国からヤバそうな方々が集っているので捜査の手が入るのだろう。

尼崎は釜ヶ崎ほどではないが負のオーラがある街だ。
Img_43c9bec8d9d764832ae1ab936e20e03c
Img_7968d748fffcfe1a22cc08755c5c0f17
少しは熱りが冷めたであろうか。
SNSやニュースで炎上騒ぎである。
問題なのはザクっと2点、防護服を着ていることで今でも危ないと福島が思われることとガイガーカウンターが0を示していること。
防護服は作家自身が着てチェルノブイリまで行ってパフォーマンスしているものでもあるのでこれがなかったらサッパリ良くない作品になってしまう。
カウンター0はイメージなのだが現地とそれ以外では全く違う温度差。
許されないらしい。
作ったのが震災直後なのでその当時と今では考え方も違って来ている。
良かれと思ってやったことが批判に晒されるのは辛い。
暑いこの夏に作業が続いている。
そのせいか体の調子がかなり悪い。
冬に腰を悪くしたが今回は3つが重なった。
まずは首痛。
寝違いか頭を下げて作業のし過ぎか、絵を描いていると痛む。
その影響か頭痛が出た。
熱中症かもしれないがあまりない体験なので薬を買いに初めて行った。
怖いもので効いたせいかなんともなくなった。
原因がわからないのに治るのはある意味怖い。
疲れ目はいつものことだがいつも画像の目薬を使っている。
これらのせいで作業の進みが悪いが怒らないようになんとかならないものか。
Img_0a607d7353bdedff7cc2e2c6b6091735
Img_bc25130b7bbb5e335a86f45d7340fdae
100号の2枚目を描いている。
この絵が最難関である。
今までの実像ばかりの作品とは違い水面裏の虚像を描かなくてはいけない。
波が立っているので細かい面が多く自分で始めたことながら面倒極まりない。
こう言う表現の時に岩絵の具は向いていない。
粗い粒子であると扱いにくくて思うところに絵の具を置けない。
アクリル絵の具であれば起こらないようなことがしょっ中起こってしまう。
最近、岩絵の具がそれほどいい絵の具とは思えなくなってきている。
油画の人に会って話をしていて色料は同じで粉砕の仕方が違って粒子が粗いだけ、と思うようになってきている。
以前はそれでも綺麗さがあると感じていたがいまでは瓶に入っている時だけかも、と。