News     Gallery     Profile     Blog     Contact  
西脇市にも横尾忠則の美術館はある。
予定の特別展が開催されるはずだったが職員が遅刻をしてしまい氏を怒らせてしまった。
あの美術館はのんびりとした感じなので遅刻職員でなくとも空気がそんな感じである。 (Click!) 

この神戸の美術館はそんなことが起こらなさそうだ。
一枚をのぞいて撮影オッケー、でもあったがそのことを鑑賞中に厳しくこちらへ伝えていた。

画家宣言してからの絵がズラッと並び懐かしい感じと真新しさが混在する。
美術大学を出ていないせいか描き方にその感じがないのが面白い。
我流で、なぜこういう描き方をするのか?という絵に不思議がある。
自由が画面から溢れ出している。
際限なくイメージが出てくるのが本当に楽しい。
Img_4fd3a0f62975c25987032dbec2ebe4d9

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする